Search
Profile
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Pictures of wa-modern
Five Stars BOOKS
Jubilo
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
2013.01.24 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
    今頃になって…
    2013.01.24 Thursday 09:01
     新年のご挨拶。
    今年も宜しくお願いします。

    年末年始、例年以上に仕事が忙しく、今あらためて振り返ってみても、まったく慌しい1ヶ月間でした。
    でも今のご時世、仕事があることに感謝、感謝。
    本当に有難い事です。
    しかしそんな激務の中、先日は約2年振りにスカッシュの大会に参加。
    年末から早朝ジョグや仕事の合間にコートに立ったりして、すごく地味ながらも一応の調整をして挑みました。
    1回戦は何とか勝ったものの、2回戦では元気いっぱいの若い子と戦って手も足も出ず撃沈。
    もう少しゲーム(ラリー)にしたかった気持ちは残りましたが、でも久し振りの割には楽しめた大会でした。
    またスカッシュの他にも妻の車の購入、実家の解体に伴う荷物整理など、仕事以外の用事も満載。
    本当に毎日毎日がクタクタでした。
    でも、充実もしています!
    早朝、まだ暗い内からランニング、出社して仕事、午後合間を見つけてスポーツクラブでスカッシュ、再び仕事に戻って夜中まで…
    そんな毎日でした。
    スカッシュの大会が終わってここ数日はちょっとのんびりしてますが、身体を苛めることは今後も継続していこうと思ってます。

    昨年の私のテーマは健康でした。
    実際永年のタバコとの縁が切れました。
    そして今年は『鍛錬』をテーマにしようか思ってます。
    40の大台を迎える今年は、前厄です。
    身体が曲がり角に差し掛かっています。
    そこで厄を寄せ付けない身体を造っていきたいと考えています。
    大層なことをする時間も根性もありませんが、でも工夫して取り組んでいきたいと思っています。
    0
      | chuchu | 私的なこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      風景写真
      2012.12.14 Friday 17:11
       またもやご無沙汰しておりました。。。

      最近仕事の際に、デジタル一眼レフカメラを鞄ごと車に積んで行きます。
      おおーこれは!と言うときに、シャッターを切る為です。

      先日は早朝から伊豆方面へ行ってきました。



      山は秋色で賑わっています。
      本当は仕事をちゃんと休んで紅葉狩りでもしたい気分です。
      しかしカメラ1つ持参していることで、仕事中の運転席から見る風景も違って見えます。
      (脇見運転が多くなってる気もしますが、、、)

      同じ場所でも季節と時間、天候によっても表情が変わります。
      仕事での通り道に、いろんなスポットを発見していきたいと考えています。
      0
        | chuchu | 私的なこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        メダカの赤ちゃん
        2012.11.13 Tuesday 16:57
         1年程前から2Fのバルコニーでメダカを飼っています。
        春先から夏場に掛けて、お腹に卵をくっつけたメダカたちが気になっていました。
        聞くところによると、メダカは自分で産んだ卵、或いは孵化した赤ちゃんを食べてしまうらしいんです。
        だからちゃんと育てるには大人と子ども(卵)を別の水槽に分けてあげる必要があるらしいのです。
        元々メダカを飼育するにあたって別に増やすつもりもなかったので、卵をくっつけて泳ぐメダカたちを見ても、敢えて目を瞑っていました。
        しかし夏の終わりに、息子が捕まえてきたカブト虫が死んで、虫かごが1つ余りました。
        だったらこれを水槽にして卵を救助してみようかと思い立ちました。

        ホームセンターでメダカの産卵用の水草を購入してきて、3日程メダカ鉢に沈めておきました。
        その後水草を目で確認したところ1つだけ卵を見つけました。
        「あんなたくさん腹に抱えてるのに、水草にうみつけたのは1つだけかよ!」
        と不服に思いましたが、まあでも物は試し。
        虫かごから水槽へと変わり身を果たした容器に移しました。
        そこから更に4日後、赤ちゃん発見!
        本当に小さい小さい赤ちゃん。
        よ〜〜〜〜〜く見ないと見つられないくらいです。
        しかし…
        発見から半日後、もう1匹の赤ちゃん発見。
        翌日、更にもう1匹発見…
        と言った具合で、最終的には合計7匹の赤ちゃんが元気に産まれた模様です。
        卵は目では確認できないものなんですね。。。

        メダカの赤ちゃん用のエサも買ってきました。
        エサはほんの少量しか与えませんが、それでも食べ残しなどで、すぐに水が汚れてしまいます。
        ですから水替えは結構頻繁ですし、赤ちゃんまで捨ててしまわないように注意も必要で、思った以上に手間です。
        それでも何とか1ヵ月半程生育しました。

        もう1ヶ月程すれば大人のメダカと一緒にしても構わないようです。
        しかし人間もメダカも、赤ちゃんが可愛いのは一緒なんですね。
        赤ちゃんのメダカはどれだけ見ていても飽きないものです。
        1歳半の次男を抱っこしながら、一緒に赤ちゃんのメダカを観察するのが、今の私の何よりの楽しみです♪

        0
          | chuchu | 私的なこと | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
          デジタル一眼レフカメラ
          2012.09.10 Monday 15:53
           新たな趣味としてデジタル一眼レフカメラを購入してみました。

          購入した機種はCannonのEOS Kiss X5。
          デジタル一眼としては比較的初心者向けの機種になります。
          他メーカーも含め選定には少し迷いましたが、そんなに凝るつもりもないので、「安い・易い」をメインの条件として決めました。

          購入後、体調を崩しあまり外出もできなかったので、まだあまり撮影もしていません。。。
          しかし先日早朝にカメラ片手に1人で久能まで行ってみました。







          ド素人なので出来栄えすらわかりませんが、いかがなものでしょうか?
          今後も少しずつ勉強していくつもりです。
          0
            | chuchu | 私的なこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            脳脊髄液減少症の診断�
            2012.08.23 Thursday 06:50
             1度は脳脊髄液減少症と診断され寝たきり生活を余儀なくされていましたが、思い切って主治医を変えることでまた違った診断となりました。
            今はまだその新たな診断結果が正しいかどうかは判明していませんが(頭痛は続いたままなので)、一連の騒動から学んだことがあります。

            1つはセカンドオピニオンについて。
            最近言葉だけはよく聞きます。
            これまでの自分の解釈としては、
            「間違った診断結果が出ることもあるので、平行して他の病院でも診てもらう」
            ということだと思っていました。
            …いえ、正直にもっと自分の経験を踏まえ、自分の言葉で言えば
            「昨今ヤブ医者や経営重視の医者も多いので、気軽に他の医者の診断も聞くことができる」
            という非常に便利な考え方だと思っていました。
            今回2つ目の病院が「他の病院へ掛かっているが、意見を聞かせてもらいたい」趣旨で行った際と、「治療を行なってほしい」趣旨で行った際とで、対応の違いに驚きました。
            そこでセカンドオピニオンについて調べてみました。

            セカンド・オピニオンとは、よりよい決断をするために、当事者以外の専門的な知識を持った第三者に求めた「意見」、または「意見を求める行為」の事。
            医療の分野の場合、患者が検査や治療を受けるに当たって主治医以外の医師に求めた「意見」、または、「意見を求める行為」。主治医に「すべてを任せる」という従来の医師患者関係を脱して、複数の専門家の意見を聞くことで、より適した治療法を患者自身が選択していくべきと言う考え方に沿ったものである。
            セカンド・オピニオンを求める場合、まずは主治医に話して他医への診療情報提供書を作成してもらう必要がある。意見を求められた医師は、これまでの治療経過や病状の推移を把握しないことには適切な助言をすることが難しいからである。その上で紹介先を受診し意見を求めることになる。このとき新たな検査を必要とすることもある。
            セカンドオピニオン外来(自費診療)を受診する場合は、セカンド・オピニオンは「診療」ではなく「相談」になるため、健康保険給付の対象とはならず、全額自己負担となる(なお保険医療機関を受診し保険証を提示して、患者が一般外来での保険診療を希望する場合は、保険診療の取扱いとなる)。
            医療において近年、治療効果だけでなくクオリティ・オブ・ライフも重視されるようになってきたことから、特にこれらを両立する方法が問題となる、がん治療や、精神医療の投薬治療において注目されるようになってきた。

            診療情報提供書、自費診療などまったくもって無知な己を知りました。
            医師としてはやはり同地域の病院ですから、簡単に診断結果を否定することはできないのかもしれません。
            しかしそれ以上に患者側も、もっと真剣で必死な姿勢が必要なのかもしれないと感じました。




            2つ目は私が診断された「脳脊髄液減少症」という病気です。
            「低脊髄液圧症候群」とも言われているそうです。
            まだ医学会においても病気として認知されて10年ちょっとしか経っていないそうです。
            従って一般人は知らないことが普通です。
            しかし病気としては昔からあったわけで、「頭痛がひどい」「検査しても悪いところはない(わからない)」「寝ていれば大丈夫」
            →「怠け病」と揶揄されてきたそうです。
            この病気について調べてみて、世の中には人に理解されず苦しんでいる人が多くいることを知りました。

            私の場合は認知されて日が浅いからこそ間違って診断されたようですが、未だに原因不明な部分もあるようです。
            治療法として挙げられているブラッドパッチもやっと今年から先進医療に認定されたそうです。
            それまでは全額自費で行なわれたそうです。
            どれくらいの費用が掛かるのかはわかりませんが、1回で効果が出る人もいれば何回やっても効果の出ない人もいるそうです。
            身体的にも経済的にも大きな負担を強いられている人がいるのです。
            そしてそうやって苦しんできた人のお陰で、先進医療認定まで辿り着いたことを忘れてはいけません。




            今回の頭痛で、病気・病院との付き合い方を考えさせられた気がします。
            まだ治っていませんが、私の生涯も折り返し付近まで来たようだと実感させられました。
            今後は自身にも周囲にもこの手の話題が増えていくことでしょう。
            嫌だけど…
            仕方ないですね。。。


            0
              | chuchu | 私的なこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              脳脊髄液減少症の診断�
              2012.08.17 Friday 06:20
               脳脊髄液減少症と診断され、寝たきりの日々。
              しかし1週間近く経過しても一向に症状は変化しません。
              そこでセカンドオピニオンとして近くの脳神経外科で診てもらうことにしました。
              2時間以上待たされて、結局診断としては
              「(左記に診断した病院は)おかしなことは言っていないでしょう。」
              と言うそっけないものでした。
              寝たきりのまま2週間近くが経過し、依然として症状は相変わらず。
              これは何とか手を打たなくてはと決断した私は、セカンドオピニオンとして訪れた脳神経外科に再度行くことにしました。
              これは専門医であるという安心感と、脳脊髄液減少症にはブラッドパッチと呼ばれる治療法があり、この病院でも行っていると言うことを聞いていたからです。

              今度は先生にちゃんと治療を行なってほしい旨を伝えました。
              すると先日とはまったく違って、細かなヒヤリングから始まり、いろんな検査もしてくれました。
              診断結果としては意外にも
              「脳脊髄液減少症ではないのでは?」
              と言うものでした。
              首のMRIを見ると、脊髄の並びにバラつきのある部分があり、それがすぐ隣を走る神経に触れているのではないかと言うのです。
              う〜ん、、、

              とりあえず今は毎日首の牽引に病院へ通っています。
              良くなっているか?と問われれば、「変わりなし」です。
              しかし脳脊髄液減少症ではないとして、仕事復帰してもう動き回っています。
              時折辛い状況のときもありますが、2週間近く寝込んでしまったので、挽回に必死です。
              少しずつでも良化傾向が見られれば安心なのですが。。。
              しかし、とりあえず自分が選択したドクターの診断を信じるしかありません。
              (続く)
              0
                | chuchu | 私的なこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                脳脊髄液減少症の診断
                2012.08.09 Thursday 09:46
                 何だか小難しいタイトルですが、こんな診断を受けてしまいました。。。

                先日から頭痛が起こり出しました。(左後頭部)
                我慢できないほどの痛みではなく、長時間地味に鈍痛が続きます。
                何かに集中するには弊害となり、時折苛々したりもします。
                以前に似たような頭痛があり、枕を替えて治ったことがあったので、今回もそれかな?といろいろ試してみましたが、一向に治まりません。
                頭痛が始まって3日目には痛むタイミングが多くなり、痛み自体も激しくなってきた為、病院へ行くことにしました。
                病院へ行くにあたり、症状をしっかり把握しようといろいろ試している内に、横になると頭痛が治まることがわかりました。

                病院はMRIを完備した内科。
                私自身これまでにいろいろお世話になってきたので、信頼できる町医者です。
                やはりまずはMRI。
                結果は脳には異常は見られませんでした。
                あとは先生の予想でしかありませんが、「脳脊髄液減少症」と診断されました。
                これは何らかの理由により髄液が漏出し減少することで頭痛などが起こるとされる病気です。
                その為、横になると漏出が止まり頭痛などの症状もなくなるのが特徴です。
                私の場合もどんなに激しい頭痛も、横になれば10秒足らずで治まってしまいます。
                また頭痛が始まったと思われる日に少々激しい運動をしていた為、これが髄液漏出のキッカケを作ってしまったのではないかと言うことです。
                確かに話が罷りとっています。

                この病気を治すには「横になる」しかないそうです。
                とにかく安静にして、漏出が止まるのを待つしかないそうです。
                1日中布団で寝たきりの日々が始まりました。
                (続く)
                0
                  | chuchu | 私的なこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  禁煙成功!(今のところ…)
                  2012.07.13 Friday 16:15
                   禁煙を始めて1ヶ月以上が経過しました。
                  幾つかの変化を感じていますので羅列します。
                  ‘いへ敏感になった。
                  食べ物の良い香りから、次男のうんちオムツの臭いまで、今までより早く察知できるようになりまし た。
                  驚いたのは喫煙者に付着し体臭と化した煙草の臭い。
                  結構わかるものなんですね。
                  今まで気にしたことも気になったこともありませんでした。。。
                  ∈睇曚助かる。
                  禁煙の最大のメリットはこれでしょう。
                  1箱410円→1箱/1日→¥12,300/月
                  さらに飲みに行ったり、苛々したりしたら+α。
                  これはデカイです。
                  2拱が減った。
                  特にこれからにように薄着の季節になると、ポケットが少ないです。
                  煙草+ライターだけでも結構な負担になったりするんです。
                  それから解放されただけでもチョビ嬉だったりします。
                  ぜ屬綺麗。
                  車内を汚す最大の要因が、喫煙中に舞う灰とニコチンの黄ばみ。
                  禁煙を開始してからすぐに車内を徹底的に清掃しました。
                  そこからは比較的綺麗なまま維持されています。
                  これだけでも結構気分が良かったりします。
                  セ間の有効利用。
                  1本3分として、3分×20本=1時間。
                  1日に1時間も無駄…とは言いませんが、所用していたとは。
                  これには計算してみて自分でもびっくり!
                  禁煙後からは慌しい朝も少し時間が余るようになりました。
                  Ε好據璽垢旅ゴ超化。
                  喫煙するには灰皿が必要です。
                  その為私の周囲にも各所に灰皿が設置されていました。
                  玄関・裏庭・2Fバルコニー・3Fバルコニー・車内・会社事務所の勝手口付近など…
                  先日会社を除いて、他すべての灰皿を撤去しました。
                  これだけで外観的にも衛生的にも非常に良い環境になった気がします。
                  Щ劼匹發紡个靴討梁左掘
                  6歳と1歳の息子は煙草を吸う私に対して批判的なことは言いませんでした。
                  が、もうあと何年かすればわかりませんよね。
                  それが回避できたこと、そして父親はその気なれば禁煙だって成功できたことを誇らしく語れると思っています。
                  また家では屋外で煙草を吸っていましたが、でも煙草を吸い終わっても10分程度は吐く息の中に伏流煙が含まれているらしいんです。
                  ですから外で吸っているから他の家族へ害が及ばないかと言えば、そうでもないようです。
                  そんな心配・引け目から解放されたことも嬉しいことの1つです。
                  ╋惘譴魏翹しなくて良い。
                  最近公共の場では殆どと言っても過言ではない禁煙スペース。
                  ヤニが切れると喫煙所を探して徘徊したものです。
                  そんな我慢と苛々から解放され…
                  う〜ん、まだそんな台詞が言えるところまでは達していないですね。。。


                  まあ、こんな感じでしょうか?
                  ちょっと強引なものも混ざっていますが、再び煙草を咥えない為の自分への戒めとして書いている部分もあるのでご容赦下さい。
                  よく「煙草をやめるとご飯が美味しくなる」と聞きますが、今のところそれは感じません。
                  また「煙草をやめると太る」とも言われています。
                  ご飯が美味しくなると同時に、気を紛らせるためにガムや飴を口に入れるためでしょう。
                  実際今の私もガムや飴を使っています。
                  それには当然糖分が含まれていますから、肥え防止の為に禁煙開始直後から、途絶えていた早朝ジョグを再開しました。
                  その甲斐があってか今のところ体重は特別には変わっていません。(慢性的に増加傾向にはありますが…)

                  今まではあまりたくさんの人に公言して、失敗したら恥ずかしいと考えていましたが、今後は積極的に自慢して引っ込みの付かないようにしてしまおうと思っています。
                  あと私にとって最大のハードルが「飲みに行ったとき」です。
                  実は禁煙を開始してからお店に飲みに行っていません。
                  もう大丈夫かな?
                  まずは煙草を吸わない人と飲みに行くことからはじめてみよっと。
                   
                  0
                    | chuchu | 私的なこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    禁煙成功!(今のところ…)
                    2012.07.06 Friday 11:19
                     以前ラジオショッピングで『Goodbye Smoke 21』という商品を購入し、禁煙にチャレンジしていることを投稿しました。
                    http://wa-modern.jugem.jp/?day=20120309
                    無理なく、たった21日間で禁煙ができるという触れ込みの商品ですが…
                    たしかに順調に1日あたりの本数を減らすことはできました。
                    約20本/日だったのが、あっという間に5本/日にまで減りました。
                    フィルターのおかげで、ニコチン中毒は抜けたようで、「吸いたい!」という渇望感が薄らいだからのようです。
                    しかし仕事などで苛々したときや煮詰まったときなど、タイミングによっては吸いたくなるときがあり、なかなか0本にはなりません。
                    やはり人生の約半分、20年間に及んだ習慣を改めるのは優しいものではありません。
                    3週間で禁煙完了のはずでしたが、ズルズルと…
                    でもせっかく本数を減らす=ニコチン中毒が抜けた成果は維持したいので、フィルターは捨てずに使いまわして…
                    そんなこんなで3ヶ月!
                    6月の上旬にこっ酷い風邪をひき、丸2日間寝込んだんです。
                    今まであればどんなに酷く風邪をひこうが煙草は吸っていたんですが、中毒が抜けていた為この2日間は1本も吸いませんでした。
                    自慢ではありませんが、2日間1本も吸わなかったのは煙草を覚えてから初めての経験です。
                    そして
                    「せっかく2日間禁煙したのだったら、これを機に始めてみようか!」
                    と考え出した訳です。
                    最初は自分でも自信がなく、妻にも内緒で完全禁煙を開始しました。
                    4日程経過してから、ようやく妻や他の人に公言しました。
                    禁煙から6日目には仕事でトラブルが発生し、夜中まで掛かってしまう事態が起こりました。
                    今まででしたら大量に煙草を吸っていたことでしょう。
                    しかし「せっかく1週間も頑張ったんだから…」と、なんとかそこを凌ぎました。
                    2週間を経過した頃、日曜日に久々に家族で出掛けようと車で高速道路に乗った途端、お客から呼び出しの電話が入り、そのままとんぼ返りする羽目になりました。
                    泣きじゃくる息子を横目に仕事へ…。
                    苛々は最高潮でしたが、でも同じく「せっかく…」と耐えました。
                    こうしてもうじき禁煙1ヶ月になろうとしています。

                    禁煙グッズの思惑通りではありませんでしたが、でもキッカケの1つにはなりました。
                    あとはタイミングと自分の意思次第ですかね。
                    もう今後吸うつもりはありませんが、でも何かの拍子に(タイミングと自分の意思によって)再び吸い始めてしまう人も多いようです。
                    そんなことにならないように、煙草をやめて良かったことを具体的に書き出し、自分の心に浸み込ませようと思っています。
                    でもそれはじっくり吟味して、次回に。
                    0
                      | chuchu | 私的なこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      カリル・アル・ガムディ主審
                      2012.06.13 Wednesday 04:54
                       昨晩(6月12日)のオーストラリア戦、主役は間違いなく主審のカリル・アル・ガムディでした。
                      ゲームの終盤は完全に彼の一挙手一投足から目が離せませんでした。

                      少し調べてみたら、サウジ出身の彼は「嵐を呼ぶ審判」との異名を持つ人物らしいです。
                      なんでも彼が笛を吹く度にレッドカードが乱舞するとのこと。
                      「なんだ、日本だけを目の敵にしている訳ではないんだ〜」とちょっと安心。
                      しかし一緒に観戦していた息子は、何がどうなっているのか理解できず、涙目で「サッカーなんてやりたくない」と言い出す始末。
                      内田や栗原へ対するジャッジではそう思った少年少女も多かったかもしれませんね。
                      世界中が注目するワールドカップ、そしてそのアジア最終予選です。
                      選手たちもアジア最高峰のプレイを披露しようと、身を削って必死です。
                      運営側もアジア最高峰のパフォーマンスを示して欲しいものです。
                      0
                        | chuchu | 私的なこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                        ←back 1/11 pages next→